11月27日午前9時からAmazonブラックフライデー開催!

Officeソフト込みで7万円!コスパ最高のノートPC「S145」をレビュー!

ハーイ ハイロー(@hairo_interest)です。

先日、親戚からノートPCを選んで欲しいと頼まれた際に購入した「S145」。

Lenovoから出ているパソコンなのですが、スペックに対する価格がめっちゃ安いんです!(たくさん見て回りましたが一番安値

Officeソフト込みでクーポンを利用し約68000円(価格は多少上下します)で入手したS145をレビューしていきます。

 

S145のスペック

Lenovoの公式通販サイトでは主要なパーツが違うモデルをいくつかラインナップしています。

メモリやCPUの違いでもっと安かったり、あるいはもう少しグレードアップしたS145を購入することも出来ますので、公式サイトをのぞいてみて下さいね。

僕が選んだS145のスペックはこんな感じです。

CPU AMD Ryzen 5 3500U ( 2.10GHz 2MB )
ディスプレイ 15.6″FHD LEDバックライト 光沢なし
メモリ 8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)
ストレージ 256GB SSD
Office Microsoft Office Home & Business 2019
グラフィックス AMD Radeon Vega 8 グラフィックス

Core i5相当のRyzen 5を搭載し、メモリ8GBにSSD256GB。

これにOfficeソフトH&Bが付いて約68000円。

文句なしのコスパ一級品モデルで間違いないです。

 

Lenovo Ideapad S145の概要

注文してから3日ほどで届きました。

1週間ほどかかると思っていたので嬉しい誤算でした。

 

梱包はこんな感じ。発泡スチロールで振動が抑えられていました。

 

S145の内容物

  • S145本体
  • バッテリー
  • 各種取扱説明書

ノートPCはどれも似たようなものだと思いますが、内容物は極めてシンプル。

ちなみにレノボなど海外製のPCはインストールされているソフトが少ないのも魅力。

このPCにはレノボの情報用ソフトと、30日間無料体験のセキュリティソフト・マカフィーリブセーブのみがインストールされていただけです。

 

 

天板はシルバー光沢。

MacBookのようなスッキリしたデザインで男女問わず使いやすいと思います。

 

開くとこんな感じです。

両サイドのベゼルはかなり細いですが下部分は少し太め。写真で見ると少し下が気になりますが、実際にはそれほど気にならない太さでした。

 

キーボードはテンキー付きです。

少し詰め込んだ感がありバックスペースとその横の¥キーが細くなっています。

打ち心地は非常に良好で、煩いタイピング音はしません。

柔らかいキータッチで反応してくれるので指疲れの心配もなさそうです。

 

続いてサイドの搭載端子を見ていきましょう。

右側にはSDカードスロットとイヤホンジャックが搭載。

USB端子が右側に付いていないため、USBマウスを使うときは左側の端子を使わなければならないところが少し惜しいです。

 

左側には電源端子とHDMI端子、そしてUSB端子が3つ(USB2.0×1、USB3.0×2)ついています。

USB端子は一番使用頻度が多いので、3つ付いているのは嬉しいです。

最近はUSB-Cの端子も付いているPCが多くなってきましたが、残念ながらS145には非搭載。あくまで最低限の端子が揃っているといった感想です。

 

スピーカーは手前の下部分、両サイドにありました。

YouTubeで音楽を聴いてみましたがしっかり音が出ていてよかったです。win10アシスタントであるコルタナの声もうるさいくらいにしっかり聞こえます。

 

最後にディスプレイ。

S145を買おうと思っている方は一番注意しなければならない点です。

 

S145のディスプレイで使用されているパネルは「TNパネル」と呼ばれるもので比較的安価なディスプレイに使われることが多いです。

画面を横や上、下などから見た時に色が変わって見えます。

真っ直ぐPCと向かい合って使用する分には問題ありませんが、例えば寝ながらYouTubeを見ようと考えていたり、複数人数で囲い込むようにPCを閲覧する機会がある場合は上位モデル「S540」を選んだ方が良いでしょう。

>>>上位互換の「S540はこちら」

視野角の注意点はあるもの、ディスプレイは非光沢モデルで反射が少ないです。

電球など光の反射も抑えられるので画面が視認しやすいです。

 

繰り返しますが真っ直ぐディスプレイを見る分には全く問題がありませんので、普段のPC作業中にディスプレイが原因で困るような場面は無いでしょう。

 

 

S145に限らずコスパの高いPCならレノボがオススメです

今回は限りなく安いノートPCということで「S145」をチョイスしました。

コスパでいえばこれを選んで間違いないです。

しかし、もう少し予算を出してディスプレイを良い物にしたいのであれば上位互換とも言える「S540」をおすすめします。

>>>上位互換の「S540はこちら」

レノボ公式通販サイトには数多くのモデルがラインナップされていますので、まずは是非サイトを見てみて下さいね。

 

以上、ハイロー(@hairo_interest)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です