11月27日午前9時からAmazonブラックフライデー開催!

GSX1000の使い方とAPEXでの設定まとめ!!

ハーイ ハイロー(@hairo_interest)です。

レビュー記事から時間が空いてしまいましたが、GSX1000の具体的な使い方についてまとめました!

 

レビュー編もご一緒にどうぞ!

GSX1000のレビュー!APEXで震えるほどの定位感。音が聞こえない・方向が分からなくて悩んでるならこれ!

 

この記事のポイント

・タッチパネルの各部位についての説明

・バーチャル(仮想)サラウンドの設定方法

・APEXで音が聞き取れるプリセットの紹介

について書いていきたいと思います!

では、れっつごー!

GSX1000のタッチパネルについて

本機には物理的なボタンは付いておらず、真ん中とサイドに付いている音量ホイール以外は全てタッチパネルとなっています。

説明書を読まずとも大体分かりますが、各部位の意味をまとめた画像を作りました!

各部位について軽く説明すると、

モード選択

ニュートラルと3種類のイコライザに分けられています。

Esportsがゲーム、Musicが音楽、そしてStoryが映画用に最適化された音を作り出しています。

 

サラウンド増幅の選択

簡単に言うと音を強くする方向の設定です。

前にすると前方の音が強調され、後ろにすると後方からの音が強調されます。

 

リバーブ(残響音)

音が響くようになります。

上記画像には英語が書かれてありますが、単純に+が多くなるほど残響が強くなります。

 

マイクモニタリング

これはマイクを接続しているときのみの設定項目です。

ニュートラルはモニタリングオフ。

Low、Highにするほどマイクを通して聞こえる自分の声が返ってきます。

 

【+α】プリセットも4パターン保存出来る

GSX1000は四隅にもタッチパネルが存在し、この部分はプリセット(上記の設定)を呼び出すことが可能です。

こんな感じ

この機能がすごく便利なんです。

  • ①FPSに特化させたプリセット
  • ②ヘッドホンを付けて映画を見る時の大迫力プリセット
  • ③スピーカーで音楽を聴くときのミュージックプリセット
  • ④普段パソコンを使うときのバランスプリセット

僕はこの4パターンをGSX1000に記憶させておいて、どのシチュエーションでもワンタッチで呼び出せるようにしてあります。

FPSゲーム用に買った本機ですが、日常使いでも快適さが大分上がりました。

GSX1000を利用するときの初期設定

初期設定をしっかり行っていないと、GSX1000の本来のパフォーマンスを発揮できない可能性がありますので、チェックしておきましょう。

 

スピーカーは接続するだけで音が聞こえます。

しかしヘッドホンを利用する際は、この機器の強みである「バーチャル7.1サラウンド」を利用するために、PC側のサウンド設定を変更しておく必要があります。

特に、PUBGやFPSゲームをするために買ったプレイヤーはバーチャル7.1サラウンドを利用するべきだと思うので、しっかり確認しておきましょう。

 

PC側の設定

デスクトップ右下の「サウンド」を右クリック。

 

「サウンド」をクリック。

 

再生タブの「GSX 1000 Main Audio」を右クリック。

スピーカーの設定をクリック。

 

7.1サラウンドをクリックして、「次へ」。

その後オプションスピーカーにチェックを入れる項目が出てきますが、全てにチェックを入れて「保存」します。

 

これでPC側の設定は完了です!

 

GSX1000側の設定

こちらは簡単です。

赤丸を付けた項目の通りに設定するだけ。

今の設定を何のために行ったのかというと、単にGSX1000側で7.1chの設定をしただけでは、PC側出力が2chのままのため、GSX1000のバーチャルサラウンドが機能しないのです。

PC側も7.1chに合わせた設定を施してあげることで、初めてバーチャルサラウンド機能が味わうことが出来ます。

 

APEXでのオススメ設定

ポイントはFPSモードと「背面」の音を強調すること。 足音の音がより際立ち、視界外からの接敵にいち早く気付けるぞ!

実は上の画像と全く同じで恐縮なんですが、これがAPEXで使っている設定です。

リバーブやマイクモニタリングはオフ、後方の音を強調しています。

 

この設定でAPEXをプレイしていますが、360度どの方向から敵が来ているのか分かります。

フレンドと通話しているときに感じたのですが、こういったサウンドデバイスを利用せずに、ヘッドホンだけでプレイしている友人は時折撃たれた際の方向が分からなくなっていました。

ヘッドホンでも右左の大別は出来るのですが、ピンポイントが曖昧なため分かりづらいんですよね。(そのためカメラを右左に動かしておおよその位置を掴むプレイヤーが多い)

思い出せば、僕もヘッドホンだけでAPEXをプレイしていた時、撃たれた方向が分からずに物陰に隠れるも、背中丸出しで倒される苦い経験がたくさんありました

「APEX 撃たれた 方向」

でよく検索していたことを覚えていますw

 

でも今は、撃たれた瞬間に敵の位置を感じ取り、危機回避が出来ています。

もちろんプレイ時間に比例して上手くなってる部分もあると思いますが、GSX1000のおかげで死亡率は大幅に下がりました。

音を聞き取って勝ち取ったチャンピオンの味は、格別ですよ。

 

2 COMMENTS

hairo

僕が使っているヘッドセットは、KINGTOPというメーカーのものです。

こちら→https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01D1DNDYC/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o09_s00?ie=UTF8&psc=1
かなり安い部類のものですが、きちんとGSX1000を介することで仮想サラウンドを楽しめてます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です